ホーム > 症例紹介 > ゴムメタルを使用した最新スピード矯正

ゴムメタルを使用した最新スピード矯正

症例1

初診

スピード症例画像

ゴムメタルを使用した最新スピード矯正の症例です。保険治療とゴムメタル矯正治療のみ行っていきます。

術後

スピード症例画像

デコボコがかなりあったため、治療期間は18ヶ月かかりましたが、健全な歯を抜歯する事もなくきちんと健康な噛み合わせを回復する事が出来ました。
患者さまも大変びっくりしていましたし、喜んでもいました。これから、衛生士さんとともに、後戻りなどを注意深くチェックしながら健康なこの状態をキープできるようにメインテナンスしていきます。
矯正治療おつかれさまでした。

症例2

スピード症例画像

初診時は、歯並びはもとより、顔面正中に対して歯の正中がズレていたのが治療完了時に修正できたことが嬉しかったとのこと。

お疲れ様でした。今後は担当衛生士とともにしっかりメインテナンスしていきます。

矯正期間保定期間補綴治療total
10ヶ月(非抜歯)6ヶ月1ヶ月17ヶ月

スピード症例画像

スピード症例画像

症例3

術前

スピード症例画像

子供の頃から歯並びの悪さを気にしていた。
歯磨きをしても歯茎から出血してきたり、顎がガクガクして開かなくなったり顎の位置まで正しくすることができるスピード矯正の存在を知り、当院に来院された患者さん。

術後

スピード症例画像

わずか10ヶ月で矯正装置を外すことができた。
とても信じられないし、とてもうれしい。周りの人からもすごく歯並び綺麗ですねとよく言われるようになった、とのこと。
口元が人の印象をかなり変えるんだなと痛感したケースと成りました。
今後は後戻りに注意しながら、6ヶ月後ぐらいに上顎の右側犬歯の少し露出した歯根を被覆する治療を行う予定です。お疲れ様でした。

症例4

術前

スピード症例画像

患者さんは、以前より歯並びを気にしていました。
今回、ご結婚を機に矯正をしようと決意!なるべくなら歯を抜きたくなく、治療期間もできるだけ早くという希望がありました。

術後

スピード症例画像

かなり非抜歯としてはシビアな症例で、スペースゲインできる余地もほとんどありませんでした。
本来であれば、このケースは抜歯ケースでしたが、上顎の前歯が神経を失っていた状態だったため、少しだけ歯の大きさを小さくしてなんとか歯を並べることができました。
今後はしっかり後戻りに注意して経過を観察していきたいと思います。
1年以上かかってしましましたが、なんとか16ヶ月でフィニッシュ。お疲れさまでした。

症例5

初診時

スピード症例画像

八重歯が気になるとのことで、矯正希望で当院に来院された患者さん。
まだ、若いので、できるだけ歯を抜きたくないと希望されていました。

術後

約12ヶ月の矯正期間で終了。下顎の永久歯が生まれつき2本足りなかったので、少し時間がかかりましたが本人的には大満足と言っていただけました。
これからは、この状態がずっと続くようにしっかりメインテナンスしていきましょうね。
お疲れ様でした。

PAGE TOP