ホーム > 院長ブログ > 歯列矯正は大人になってからでもできますか?

院長ブログ

歯列矯正は大人になってからでもできますか?

2017年10月01日

安心の技術と設備

東京六本木駅徒歩1分の六本木カマエデンタルオフィスです。 今回のテーマは「歯列矯正は大人になってからでもできるのか」です。 歯列矯正…つまり歯の矯正治療は大人よりも子供がやっているイメージが強いですよね。

実際、小学校時代に矯正装置をつけたクラスメイトを見たという方も多いと思います。 では、そこまで矯正治療を受けている子供を目にするということは、 そもそも歯列矯正は子供が行う治療であって、大人になってからではできない治療なのでしょうか?

今回はそんな歯列矯正の疑問についてお答えします。

歯列矯正は大人でも可能

まず今回のテーマである「歯列矯正は大人になってからでもできるのか?」という疑問にお答えすると、 答えはイエス…つまり大人になってからでも歯列矯正は可能です。 とは言え、できれば大人になってからよりも子供の時に行った方が良いというのは事実です。

なぜなら、大人の歯は完全に成長しきった状態であるため、子供の歯に比べて動きにくいからです。 しかし、例え大人の歯でも時間を掛ければ動かすことは充分可能ですし、 その意味でも歯列矯正は大人でも行える治療です。

大人が歯列矯正を行うメリット

大人になってから歯列矯正を行うことにメリットはあるのか?…もちろんあります。 大人だろうと子供だろうと、歯並びの悪さを改善することにはいくつかのメリットがあります。 まず、歯並びを改善することで見た目が美しくなり、審美性を高めるというメリットが挙げられます。

特に歯並びの悪さで悩んでいる方にとっては、歯列矯正はコンプレックス解消につながるでしょう。 また、歯列矯正は自分の歯を守る効果を高めるメリットもあります。 歯並びを改善することで歯磨きがしやすくなり、そうなるとよりプラークを効率よく除去できます。 このため、歯並びが悪い時に比べて虫歯や歯周病を予防しやすくなるのです。

なぜ子供の時にした方が良いのか

大人になってからでも歯列矯正はできますが、 子供か大人かの選択をするなら子供の時に行っておいた方が良いでしょう。 その理由は主に3つです。

歯が動かしやすく後戻りしにくい

子供の歯は成長途中ですからやわらかく、そのため矯正する時に動きやすいのです。 つまり、子供の時に歯列矯正をした方が矯正の効果が高く、さらに後戻りもしにくいのです。

抜歯しなくても良い可能性が高い

これに関しては絶対とは言い切れないので、あくまで可能性が高いと捉えておいてください。 大人の歯列矯正では抜歯することが多いですが、子供の場合は抜歯しなくてもできるケースが多いのです。

矯正装置のコンプレックス

歯列矯正では矯正装置を装着しますが、見た目を気にする大人にとって矯正装置の装着は正直嫌でしょう。 その点、見た目をそこまで気にしない子供なら矯正装置を装着することへのコンプレックスがありません。

…こうした理由から歯列矯正は子供の時に行った方が良いと言われていますが、 大人になってから歯列矯正を行ってもこれらの問題への対処は可能です。 まず効果についてですが、確かに大人の歯列矯正は子供に比べて動きにくく、後戻りもしやすいです。

しかし、だからといって歯列矯正が不可能というわけではなく、時間を掛ければ充分効果を得られます。 また、大人の歯列矯正でも抜歯せずにできることもありますし、 矯正装置においては目立たない透明の矯正装置やマウスピースタイプのものもあります。

大人の歯列矯正のタイミング

歯列矯正については、実際に治療を行うベストタイミングについて色々と話題になることがあります。 しかしそれは子供の歯列矯正で、 子供は成長期を考慮して年齢や時期から治療にベストなタイミングを考えます。

一方、大人の場合は既に歯も顎も成長を終えているため、タイミングを考える必要はありません。 単純な話、歯列矯正したいと思った時にすればいいのです。 20代、30代…大人であれば歯列矯正において年齢や時期は関係ないのです。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、歯列矯正は大人になってからでもできるのかについてまとめます。

1. 歯列矯正は大人でも可能 :子供の時に行った方が良いのは確かだが、大人でも歯列矯正はできる
2. 大人が歯列矯正を行うメリット :見た目の改善だけでなく、虫歯や歯周病などを予防しやすくなる
3. なぜ子供の時にした方が良いのか :歯が動きやすい、後戻りしにくい、抜歯しなくてもできることが多い
4. 大人の矯正治療のタイミング :既に成長期を終えているため、治療のタイミングを考える必要はない

これら4つのことから、歯列矯正は大人になってからでもできるのかが分かります。 まとめると、歯列矯正は大人になってからでもできる治療です。 しかし、歯の動きや後戻りの問題を考えると子供の時に行った方が良いのも事実です。

また、大人の歯列矯正は年齢的にも今更と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 歯並びが改善されれば見た目も良くなります。 また、歯磨きがしやすくなることで虫歯などを予防しやすくなり、自分の歯を守ることにもつながるのです。

PAGE TOP