ホーム > 院長ブログ > 避けられない問題

院長ブログ

避けられない問題

2015年07月01日

こんにちは。
今日から7月です。今年も折り返しです。
時間が経つのは本当に早いですね。

さて、今日は、歯科での避けられない大きな問題のお話です。

いくら一生懸命治療を行っても、神経を一度失ってしまった歯の長期の保存は本当に難しいです。
それは、神経の治療ではなく、歯根膜というセンサーが老化退縮してしまい、強い負荷に対して”鈍感”になってしまい、
結局”破折”という末路をたどってしまうのです。

これは、本当に予期しないことが多いので、困ってしましいます。
これを阻止することは今の所不可能ですが、予防することはできます。
神経を失わないようにすることです。

”予防歯科”言うは易く、行うは難し!!
今月から当院にも新しい衛生士さんが加入しさらに予防歯科に強化しています。
ぜひ、当院の予防を体験してみてください。

PAGE TOP