ホーム > 院長ブログ > 噛み合わせによる影響1

院長ブログ

噛み合わせによる影響1

2015年08月25日

こんにちは。猛暑の夏も終盤。そろそろ秋の予感。
さて、今日は噛み合わせの影響というものをお伝えします。
10年前、ある患者さんが来院されました。
前歯が調子が悪いとのこと。

結局1本治療し終了。
しかし、それからも違う歯が欠けてきたり、色がすりガラスのようになってきたり、ヒビがはいってきたりと問題が次々に出てきました。
そして10年後、まるで先端をヤスリで削ったような状態に。
何が原因で、何を解決すれば改善するのか??明確な答えがないのが、噛み合わせです。

ついに、治療に踏み込みましたが、今後もずっと経過を追っていきたいと思います。

六本木駅から徒歩1分アクセス便利な六本木カマエデンタルオフィス

PAGE TOP