ホーム > 院長ブログ > 埋伏歯

院長ブログ

埋伏歯

2016年06月24日

こんにちは
じめじめといた季節ですがいかがお過ごしでしょうか?

今日は、埋伏している歯を使用できるように引っ張り出した治療について書きます。

埋伏歯は、通常親知らずによくあります。
現代人は顎の大きさが小さくて、本来なら萌出して来る歯が、スペースがないために歯茎の中に埋もれたままになってしまっているのです。

親知らずの場合は、不要なので、今後のことを考慮して抜歯をお勧めしています。
しかし、埋伏歯は、上顎犬歯もよく見られます。
永久歯の中で最後に生え変わる歯なのでスペースがない場合が多いので、たいていの場合は八重歯になるのですが、たまに歯茎の中に横たわっています。
犬歯は大変大切な役割を担う歯なので、抜歯するわけにはいきません。

なので、その犬歯を引っ張り出して並べていく矯正治療を行わなければならないのです。
本来スピード矯正が当院の特徴ですが、このケースは2年かかりました。

難しいケースでしたが、満足した結果が出せたのでほってしています。
矯正にもいろいろ目的にあわせた方法があるんですよ。

六本木駅から徒歩1分アクセス便利な六本木カマエデンタルオフィス

PAGE TOP