ホーム > 院長ブログ > 予防のクリーニングと保険のクリーング①

院長ブログ

予防のクリーニングと保険のクリーング①

2016年10月06日

こんにちは。ついに10月。今年もあと3ヶ月ですね。
さて、今日は予防のためのクリーニングと保険のクリーニングの違いのお話です。

健康保険というのは、当然、私たちが病気になった時に、国民すべてがすぐに病院でチェック、治療が受けられる素晴らしいものです。

そこには、病名が必ずつきます。その病名が歯肉炎、歯周炎であれば、炎症を引き起こしている歯石を取ることが治療であり、世間一般に言われいているクリーニングです。

そこにルールがあり、1回では上顎か下顎のどちらかしか歯石を取れないのです。
お口全体を1回で歯石を取ることは禁止されています。

なので、治療が終了して、年1?2回の定期検診とお口全体のクリーニングというのは全く別物なのです。

六本木駅から徒歩1分アクセス便利な六本木カマエデンタルオフィス

PAGE TOP