ホーム > 院長ブログ > 正中離開

院長ブログ

正中離開

2018年12月17日

こんにちは。例年になく、暖かい12月でしたが、急激に寒くなてきましたね。

今日は、正中離開の治療についてお話しします。何らかの理由で、上顎の中切歯間に空隙がある状態を正中離開というます。

昔から、”その隙間からお金が逃げる”と言われています。最近は、欧米のファッションリーダーがわざと正中離開を治療せずおしゃれの1つとしていると言っていた時もありましたが、やはり正中離開は、第一印象が変わってきます。

僕の歯医者の友人も治療したいと来院。なるべく削らずに、矯正も時間的に難しいとのこと。治療の短所も十分に離開してもらった上で、全く削らないadditional Veneerを選択。いろいろな治療法がありますが、全く削らない審美治療も適応症を選べば十分に効果的な治療法ですね。

PAGE TOP