ホーム > 院長ブログ > 見えない矯正方法があるというのは本当ですか?

院長ブログ

見えない矯正方法があるというのは本当ですか?

2017年11月01日

東京六本木駅徒歩1分の六本木カマエデンタルオフィスです。
今回のテーマは「見えない矯正方法とは」です。
矯正治療において誰もがネックになるのが矯正方法です。

目立つ矯正装置の装着は、いくら歯並びが改善されるとは言え抵抗を感じる方も多いでしょうし、
それが嫌で矯正治療を断念した方も少なくないはずです。
確かに、金属のブラケットを装着するのは目立って嫌でしょうが、一方で目立たない矯正方法もあるのです。

裏側矯正

文字どおり、矯正装置を裏側に装着する方法です。
裏側…つまり舌側に矯正装置を装着することから、舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれます。
従来どおりの矯正装置を装着するものの、裏側に装着することで見えづらくなるというのが仕組みです。

ただし、裏側に矯正装置を装着することでそれならではの欠点もあります。
例えば「舌に矯正装置があたることで発音しづらい」、「歯磨きがしづらい」といった欠点です。
最も、近年ではそんな欠点の改善のため、矯正装置のサイズが小さくなったので違和感は少なくなっています。

マウスピース矯正

自分で着脱可能なマウスピース型の矯正装置を装着する方法です。
外した状態なら目立たないどころか矯正装置を装着していない見た目になりますし、
装着中もマウスピース自体が透明で目立たないため、見た目もほとんど気になりません。

マウスピース矯正は従来に矯正装置に比べて仕様が大きく異なっており、
そのためマウスピース矯正ならではのメリットとデメリットがあります。
またマウスピース自体にも種類があり、その中でも一般的なのがアソアライナーやインビザラインです。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正のメリットとデメリットをまとめると、次のようになります。

メリット

最大のメリットは何よりも目立たないこと…ワイヤー矯正のように矯正中に目立ってしまうことはないですし、
取り外しできる仕様から食事や歯磨きの時に不自由さがありません。
また矯正自体も短期間で終わるため、矯正方法の中でもマウスピース矯正は人気です。

デメリット

デメリットは矯正力…つまり歯を動かす力はワイヤー矯正よりも劣ることです。
このため、歯並びが激しく乱れていて噛み合わせの全体の改善が必要なほどの状態だと、
マウスピース矯正では治療が難しいとされています。

…ちなみに取り外しできる点を魅力に感じる方が多いですが、
1日20時間近くの装着が必要なため、基本的には装着したままとなります。
このため、取り外しは「好きな時に外せる」ではなく「食事や歯磨きの時に外せる」と捉えておきましょう。
いくら外せるからといっても外出や会社に行くたびに外してしまうと、治療効果を得られなくなってしまいます。

アソアライナーの特徴

元々マウスピース矯正は1つのマウスピースで動かせる歯の範囲に限界があるため、
最終的な歯の位置に移動させるために数段階に分けてマウスピースを使用します。
アソアライナーの場合は次の段階に移行するたびに型をとるため、その都度負担や手間が掛かります。

しかしその分現状にピッタリ合ったマウスピースを使用できるため、
装着時の違和感が少なく矯正治療の効果としての精度が高いのが特徴です。
また、対応できる症例はインビザラインに比べて少なくなっています。

インビザラインの特徴

インビザラインはアソアライナーに比べて幅広い症例に対応できます。
また、治療後の歯並びを3Dでシミュレーションできるので矯正治療のモチベーションを維持しやすいですし、
ある程度まとめた数のマウスピースを用意できることから、アソアライナーよりも少ない通院回数ですみます。

さらにインビザラインは小さな形状になっているので、装着の違和感がより少ないメリットがあります。
こうして上記のアソアライナーと比較するとインビザラインの方が優れているように思えますが、
その分インビザラインはアソアライナーに比べて費用が高いという欠点があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

1. 裏側矯正 :舌側に矯正装置を装着するので目立ちにくい。舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれている
2. マウスピース矯正 :アソアライナーやインビザラインが一般的。目立たない上に自分で外すことも可能
3. マウスピース矯正の特徴 :自分で外せるので食事や歯磨きの時に不自由さを感じないなど
4. アソアライナーの特徴 :次の段階のマウスピースを使用するたびに型をとるので治療が精密
5. インビザラインの特徴 :アソアライナーよりも幅広い症例に対応できるが、その分費用は高くなる

これら5つのことから、見えない矯正方法について分かります。
裏側矯正という方法もありますが、見えない矯正方法としてはマウスピース矯正が人気です。
そして、ここでお伝えしたようにマウスピース矯正で使用するマウスピースには種類があります。
代表的なのはアソアライナーやインビザラインですが、実際にはそれ以外のマウスピースもありますし、
扱っているマウスピースの種類は歯科医院ごとで異なります。

PAGE TOP