ホーム > 予防歯科とホワイトニング

予防歯科とホワイトニング

予防歯科の説明

虫歯や歯周病になる前のまだ未病にうちに予防することが大切!
予防歯科を受診することで様々な全身病を予防します。

予防歯科を受診することで症状が軽いうちに治療できます。
悪くなる前に発見することで、治療時間の短縮、コストの軽減などの利点があります。
虫歯、歯周病、口臭だけでなく心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、早産などを予防します。口腔病原菌は歯肉粘膜から体内に侵入し、様々な病気の原因になることもあります。

歯のクリーニング(PMTC)とは

PMTCとは?

PMTCの説明
PMTCの様子

PMTCでは、専門の器材を用いて歯ブラシでは落とせない歯の隙間や、歯肉の境目の歯垢を落とし、お口のすみずみまできれいにします。
歯の黄ばみや口臭が取り除かれ、お口がすっきり爽やかになります。歯垢は3ヶ月で毒性化しますから、PMTCは1ヶ月間隔で行うのが理想的です。
お忙しい方でも、3ヶ月に1度のクリーニングをお薦めします。

当院では、多くの患者様に予防歯科の大切さをご理解頂くため、PMTCの料金を10,000円というお手軽な価格でご提供させて頂いております。
また、治療後も定期的にクリーニングを継続しますことで、口腔内をいつまでも健康に保つことが出来ます。

(施術時間は約1時間です)

PMTCの効果

クリーニングだけでなく、定期健診と予防も兼ねています

入れ歯の短所

  • 歯周病や口臭・虫歯の予防
  • お口の中の異常を早期発見
  • 歯ブラシでは落とせない汚れの除去
  • なめらかで、汚れのつきにくい歯に

したがって、お口の健康と歯の美しさを最大限に保つことができます。

歯並びが気になる方も、クリーニングで口元が明るくなると好印象に!

自分だけではケアできないの?

ご自分の歯や歯ぐきの健康、美しさを保つには定期的なプロのケアを!

  • バイオフィルム(強固な歯垢)・歯石・ステイン(着色)は硬く、歯ブラシでは落とせません。
  • 奥歯や見づらい部分、歯周ポケット内の汚れは、歯ブラシが届かず自分では磨けません。

当院でのPMTC(1回約1時間 10,000)

当院でのクリーニング治療の流れをご説明いたします。

口腔内のチェック

まず、口腔内全体のチェックをします。

そして、現在の歯磨きの状態や歯垢の付着状態、虫歯の有無などをチェックしていきます。

このときに細かいチェックをすれば、口腔内トラブルがあっても早期発見、解決することができます。
この検査をもとに、細かいクリーニング計画をたてていきます。

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影

実際のお口の中を記録します。

患者様と一緒に写真を見ながら、今の状態を説明した上で、お一人おひとりにあった最適な予防プログラムを立案いたします。

※歯ぐきの腫れや、病的に歯石が沈着している場合(いわゆる歯周病の場合)には、これらの治療を先に行います。

クリーニング

磨き残しやバイオフィルム・歯石・ステインなどを、専用の機械や器具によって落とします。

クリーニング

超音波で歯石を除去

大量についた歯石に振動を与えて一気に取り除きます。

超音波歯石除去

手作業による仕上げ

深いところや狭い部分についた歯石を丁寧に取り除きます。

プラーク着色除去

プラークや着色の除去

仕上げにフッ素を歯面全体に塗布します。

歯ブラシだけでは落とせなかった汚れを取り除きます。

フッ素塗布

仕上げにフッ素を歯面全体に塗布します。

フッ素は歯質を強化し、虫歯の発生を抑制する効果があります。

お口のケアに関するアドバイス

カウンセリングルーム

頭に装置を取り付け、顎の運動をいたします。

装置はコンピューターに接続されていますので、正確に顎の動きを解析できます。

診療ユニット

顎関節の運動の軌跡が画像でパソコンで画面上に出力され、関節に以上がある場合は、線の乱れでわかります。

口腔病菌の除菌(3DS)

国立感染症研究所、花田信弘先生と武内博朗先生(聖和会OB等)によって開発された画期的な方法です。

歯並びに合わせたプラスチックトレーを作り、それに薬剤を満たして口腔内に装着します。
歯の表面を無菌状態にし、虫歯菌や歯周病菌を除菌します。

3DSとは?

3DS

原因菌を殺菌する、根本的な予防法

Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称です。

虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌を直接除菌する、根本的な虫歯予防法です。
2002年に国立感染症研究所(武内博朗ら)が発表した技術で、従来にはなかった新しいプラークコントロール法です。

その原理と方法は?

3DSは、ミュータンス菌(虫歯の原因菌)が歯の表面にしかつかず、他の口腔細菌の多くは 歯面にも口腔粘膜にも定着できるという、いわば虫歯菌の持つ弱点を利用した除菌法です。
歯面だけに薬剤を作用させれば、虫歯の原因菌を集中的に除去できるというわけです。
但し、ミュータンス菌は歯面に強力な細菌の膜(バイオフィルム)を形成し、バイオフィルム上に薬剤を塗布しても内部には浸透せず、すぐに唾液により希釈・拡散してしまいます。

その原理と方法は?

  • バイオフィルムをPMTC(歯科衛生士による専門技術と器具による徹底的な歯の清掃)などで物理的に破壊
  • それぞれの方の歯列にフィットしたトレー(ドラッグ・リテーナー)を用いて薬剤を歯面に集中輸送

この方法で、唾液に希釈されることなく、安全で確実に薬剤を塗布することができます。
薬剤を変えれば虫歯菌だけでなく、歯周病関連菌の除去にも応用でき、口臭予防にもつながると考えられます。

ホワイトニング

歯を削ったり傷めたりすることなく、歯を白く明るくする技術です。
加齢や遺伝によって黄ばんでいる歯に、ホワイトニング剤を作用させることで、比較的簡単に効果を得ることができます。

ホワイトニング剤は身体に安全です。安心して施術をお受けください。

ホワイトニングの特徴

  • 歯を削らずに施術できる
  • 加齢変化により黄ばんだ歯を、白く輝かせることができます
  • 被せ物で白くする場合に比べ、虫歯になりにくい
  • 比較的短時間で可能
  • 簡単に反復施術できる
  • 差し歯などに比べて経済的
  • 若々しい口元になれる

ホワイトニングできない方

  • 無カタラーゼ症
  • エナメル質形成不全
  • 象牙質
  • 形成不全
  • 妊娠中の方
  • 重篤な変色歯エナメル質に亀裂が入っている場合
  • ホワイトニング部位に虫歯や重度の歯周病がある場合
  • ホワイトニングに適さない方も他の方法で歯を白く見せることは可能です。ご相談下さい。

当院のホワイトニング症例

ホワイトニング症例

PAGE TOP