20代女性 ゴムメタルを使用したスピードワイヤー矯正とマウスピース矯正「インビザラインライトプラン」の併用で噛み合わせと歯並びを改善した症例

全顎治療
2024.01.19
年代・性別 20代女性
相談内容 「歯並びを綺麗にしたい」とご相談いただきました。
診断結果 拝見したところ、上の前歯が下の前歯に大きく被さっている「過蓋咬合(かがいこうごう)」と、歯がでこぼこに生えている「叢生(そうせい)」が認められました。
過蓋咬合や叢生は噛み合わせのバランスが悪いため歯に負担がかかり、将来的に歯の寿命が短くなる恐れがあります。
患者様は「目立たない矯正装置で、短期間で治療したい」とご希望でした。
治療内容 しなやかなゴムメタルワイヤーを使用した「スピードワイヤー矯正」で歯並びや噛み合わせをある程度整えた後、取り外し式の透明なマウスピース型矯正装置「インビザラインライトプラン」で仕上げを行う治療計画を提案しました。
2種類の矯正装置を併用することで歯を効率よく移動させ、矯正期間を短縮することが可能です。
また、ワイヤー矯正については、歯の表面に接着する「ブラケット」を白くて目立ちにくい装置に変更することをおすすめしました。まず、歯の表面に白いブラケットを接着します。そこにゴムメタルワイヤーを通して歯を移動させました。
ワイヤー矯正終了後にマウスピース矯正に移行します。
患者様専用のマウスピースを作製し、定期的に交換しながら矯正の最終調整を行いました。

歯を移動させる過程で歯ぐきに炎症が生じたため、矯正治療終了後に炎症を抑える歯周外科手術を実施しています。

治療後の様子 歯が適切な位置にまっすぐ並び、バランスよく噛めるようになりました。
患者様にも「きれいな歯並びになり嬉しい。治療中も装置の見た目を気にせず過ごせた」と大変ご満足いただきました。
現在も定期的な検診でご来院いただいています。
費用 3,586,000円
治療期間 18ヶ月
リスク・備考 ・歯ぐきの炎症を改善するための歯周外科手術を、矯正治療後に行う必要があることを説明しました

・治療中、発音しにくい場合があります

・治療中、舌が動かしにくいことがあります

・治療中、装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になる場合があります

・マウスピース矯正は、決められたスケジュールを守らない場合、十分な効果が得られない可能性があります

・歯の移動に伴って、違和感や痛みを感じる場合があります

・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、虫歯や歯周病のリスクが高まります

治療前





治療中





治療後






   
医学系研究における診療情報利用に関するお知らせ

contact

お問い合わせ・お申し込みはこちら

ご依頼やご質問がございましたら、メールにてお問い合わせください。
送付いただいた内容を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。

access

医院情報

六本木カマエデンタルオフィス

住所
〒106-0032
東京都港区六本木7-4-1スマイリービル1階
アクセス
都営地下鉄大江戸線  六本木駅  7番出口より徒歩3
東京メトロ日比谷線  六本木駅  4a出口より徒歩3
東京メトロ千代田線  乃木坂駅  3番出口より徒歩4
電話番号
03-5772-4618
診療時間 日・祝日
11:00-14:00 ×
15:00-19:00 ×

休診日:土曜・日曜・祝日

 

△…基本的に第一土曜のみ診療いたします。

※月に一度、土曜日診療を行っております。